トスカーナ州に住む人々は、遥か昔から豊かな自然と隣り合わせに生きてきました。その一方で、彼らは資源が限られてきていると言う事実を認知し、それらを保護して行かなければならないという自然意識を長くから重要視してきました。

 

そこで数十年前、現状の環境汚染問題を予測したカレンザーノ近郊のプラート地区は、着られなくなった服を世界中から集めリサイクル加工を施すことで、全く新しい素材へと生まれ変わる革新的な活動を行ってきたのです。